メッセージ

宮崎利男

私の夢 〜明日を見つめて、明日を拓く

1954年、昌英製版所を創業した当時、活版印刷の経験を生かし、フレキソ製版の知識と理論をもとに、直角彫刻法を開発いたしました。曲面研磨をすることで、重袋用クラフト印刷におけるインキのマージナルゾーンを解消し、美しいフレキソ印刷の高品質化に成功したことがきっかけで、フレキソ印刷にのめり込み、フレキソ印刷業界に情熱を燃やすこととなりました。

1960年、エポキシ性樹脂による液体樹脂製版技術による「液体樹脂製版技法」を開発、直角彫刻版をオリジナルとした鋳造複製版と共に、多層(三層)構成の印材(特許)を開発。その後、低硬度クッション効果を発揮させることで、粗面紙、剛体面、段ボール印刷のウォッシュボードに版面をフィットさせる印刷の開発に成功しました。
三菱ラングストン印刷機第1号機で、サントリーの新トリスキャンペーンにおいて、段ボールフレキソ印刷の高品質化を再現、国内第1号の印刷革新に成功致しました。

この成果が認められ、通産省主催の第9回包装合理化展で、大阪府知事賞を受賞することとなりました。

1975年、製版技術と周辺機材を調和させることによる、フレキソ印刷品質の相乗的効果を目指して当社を設立。海外情報や製版機材、クッションテープ、インキチャンバー・ドクターブレードシステム、アニロックスロール、クリーニングシステム等々の新製品を導入して参りました。

現在まで、更なるフレキソシステム普及のために、「高品質フレキソ印刷、トータル技術のパッケージ」とインキング周辺システムの調和と条件をテーマとして、「明日を見つめて、明日を拓く」をモットーに努力し続けております。

世界の中で、最も素晴らしい日本の印刷を誇りとして、近い将来、必ずや、日本発信の素晴らしいフレキソ印刷が発展することを希っております。これが私の夢です。

取締役会長 宮崎 利男